i-smile(アイスマイル)の良さを評判から紐解いてみた

i-smile(アイスマイル)の良さを評判から紐解いてみた

i-smile(アイスマイル)は、デイビッド・セインが筆頭講師を担当している英語教材。始めは詐欺と疑っている人でも、レッスンを受ければ瞬く間に印象が変わる“本物のメソッド”が多数採用されています。そのため、i-smile(アイスマイル)は今もいろんな場所で評判になっているのですが、よくよく見ていくと評価されやすいポイントがあることがわかりました。

この記事では、i-smile(アイスマイル)の魅力をさらに知ってもらうために、その点について深く言及しています。商品を選ぶときは周りの人の意見を重視している、という人に、特に最後まで読んでもらいたい内容です。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

評判からわかるi-smile(アイスマイル)の良さ「2ヶ月の継続は意外と楽」

評判からわかるi-smile(アイスマイル)の良さ「2ヶ月の継続は意外と楽」

評判からわかったi-smile(アイスマイル)の良さのひとつ目は、2ヶ月続けてレッスンをすることは意外と楽、ということでした。ぱっと聞いただけですと、約60日間連続で勉強するのは難しく感じてしまうもの。どうして受講者の方はそのような印象を持つようになったのでしょうか。

i-smile(アイスマイル)は負担なくできる

結論から言うと、それはひとえに1回1回のレッスンが負担なくできるからです。i-smile(アイスマイル)のレッスンは、主に1回15分のドラマを見て、その後同じ時間くらいのアウトプットをします。ですので1回のレッスンが長くとも30分くらいです。

普段1回1時間くらいの放送されるドラマを見ている人でも、それを毎日見続けるとなると体力的にも精神的にもつらいですよね。ドラマを見ない人であれば、なおのことそうでしょう。

面白いドラマでさらに軽減

一方、i-smile(アイスマイル)であればその半分の時間で済みます。しかもただ半分になっているだけではなく、より負担を感じにくい工夫がされています。

例えば好きなアニメやお腹をかかえて笑ってしまうほどの動画だと、時間が過ぎるのはあっという間です。i-smile(アイスマイル)のドラマも、そのようにワクワクしたりドキッとしたりするような、視聴者を飽きさせない物語になっています。

何気なく見始められる

また、i-smile(アイスマイル)のドラマはスマホで視聴するので、何気ないタイミングで何気なくドラマを見始められます。つまり「ああ、これから勉強しなくちゃ」という気持ちになりにくいのです。1日2日の授業ならあまり関係ないかもしれませんが、レッスンが後半になればなるほど、この「何気なくできる、できないの差」は大きくなっていきます。

本気で続けたい人に最適

この継続が楽な点は多くの人が評価をしているところで、特に今まで英語教材を使っても身につかなかった人の間で評判になっています。実際「i-smile(アイスマイル)だと続いた!」という感動の声が多く寄せられています。

裏を返せば、それだけ他の英語教材で挫折をしている人がいるということでしょう。英語勉強をちゃんと続けて、ちゃんと話せるようになりたいと本気で考えている人は、ぜひi-smile(アイスマイル)にトライしてみてください。

評判からわかるi-smile(アイスマイル)の良さ「定期的に成長の実感を確かめられる」

評判からわかるi-smile(アイスマイル)の良さ「定期的に成長の実感を確かめられる」

i-smile(アイスマイル)がよく評判になっている点はもうひとつ、定期的に成長の実感を確かめられることです。具体的に解説します。

頑張れないのはどうしてか

英語勉強をしていて断念する原因によくありがちなのが、実感のなさです。レッスンを受けていても、全然話せる気がしない、まだまだ英語がよくわからない、という不安や心配からモチベーションを落としてしまう。それによって、頑張れなくなってしまったというケースが相次いでいます。

フォローしない英語教材が多い

ですがなぜかこれまでの英語教材には、ここに関するフォローがほとんどありません。あったとしても、「英語は時間がかかるもの。続けていれば徐々にわかってくる」という主旨の言葉に留まっています。要するに、つべこべ言わずにじっくり取り組めよ、と言って片付けているのです。

自分で定期的に確かめられる

確かに英語勉強はじっくりと取り組むものです。日本語でさえ時間をかけてやっと身につけているのですから当たり前。ただそれでも「少しでいいから実感が欲しい」となるのが、勉強している側の心理です。

i-smile(アイスマイル)が評判になっているのは、まさにこの点をうまくカバーしているからに他なりません。復習用のゲーム、オンラインによる英会話などを用意し、「定期的に自分の成長具合を確かめられる機会」が設けられています。レッスンを受ける人が気持ちを切らさずできるよう、望んだときに実感が覚えられる仕組みが作られているのです。

まとめ

まとめ

i-smile(アイスマイル)の評判からわかった良さを、今回はふたつご紹介しました。もちろん、i-smile(アイスマイル)を絶賛する口コミは多く、これ以外の部分を評価しているものもあります。

今回あえてこれらを紹介したのは、英語教材を使って英語を身につけるときに必要不可欠な要素であり、i-smile(アイスマイル)はそれを当たり前のように備えている教材だとお伝えしたかったからです。こうした教材は、それほど多くはありません。ぜひ英語勉強の選択肢のひとつに、i-smile(アイスマイル)を入れてもらいたいと思います。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ
カテゴリ「i-smileの口コミやレビュー」に関連した記事をご紹介
「i-smileの口コミやレビュー」の記事をもっと見る TOPページを見る