留学経験者がi-smile(アイスマイル)の実力を検証!

留学経験者がi-smile(アイスマイル)の実力を検証!

「2ヶ月で英語がペラペラになる」と噂のi-smile(アイスマイル)ですが、口コミが良すぎるためか詐欺教材と怪しまれることもしばしば。

そこで今回は留学経験のある友人にi-smile(アイスマイル)を実際に試してもらい、その実力を検証しました。アメリカに4年いた彼女は、ネイティブ顔負けのイングリッシュスピーカー。彼女はi-smile(アイスマイル)に詐欺教材・五つ星教材、どちらのジャッジを下すのでしょうか。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

i-smile(アイスマイル)なら英会話が上達する!

i-smile(アイスマイル)なら英会話が上達する!

英語漬けの環境に何年も身を置き、叩き上げで英会話スキルを得た彼女からすると「i-smile(アイスマイル)は、私が時間とお金をかけてめっちゃ苦労して学んだことを、2ヶ月でマスターさせてくれる教材」とのこと。「これは五つ星教材だね、こんなに作り込まれてる教材他にないよ!」とお墨付きをもらえました。特に英会話初心者や学生以来全く英語に触れていない人におすすめだそうです。そのポイントを、英会話上達の秘訣と共に3つ教えてくれました。

留学経験者が認めたi-smile(アイスマイル)の良いポイント3つ

留学経験者が認めたi-smile(アイスマイル)の良いポイント3つ

本場アメリカで英会話の修行を積んだ友人曰く、i-smile(アイスマイル)のおすすめポイントは「インプット」「日本語動画」「ネイティブ発音」の3つ。それぞれ詳しく紹介していきましょう。

i-smile(アイスマイル)なら英会話に特化したインプットができる

まず、彼女が絶賛したのがドラマ動画です。「動画のセリフ、英会話で使われるフレーズや単語しか出てこない!」「不要なフレーズがほぼない!」「テストでヤマを張ったところがそっくりそのまま出てきたみたい!」と感動の嵐でした。i-smile(アイスマイル)をそっくりそのまま暗記すれば、すぐにでもネイティブの会話に入れそうと言っていたくらい。i-smile(アイスマイル)なら、最短で英会話で必要な英語力をインプットできると太鼓判をもらえました。

英会話で大事なのは、話し言葉をマスターすること

友人曰く、英語ペラペラになる一番の近道は話し言葉をマスターすること。英語を全然知らなくても英会話で使うフレーズさえマスターしていれば英会話スキルはあっという間にアップすると言います。

実は、学校で習う英語は話し言葉と書き言葉がごちゃ混ぜ状態。彼女は留学先で自分の英語知識を「英会話に使えるもの」「そうでないもの」に整理するのにとても苦労したそうです。ネイティブに「その言葉は会話で使わないよ」と笑われたこともあったんだとか…。その時、英語ペラペラ=英語の知識が豊富ではなく、英語ペラペラ=英会話フレーズに熟知していることだと痛感したようなんです。

i-smile(アイスマイル)の日本語動画で英会話学習に対するハードルが下がる

ドラマ動画の中で彼女がもうひとつ注目したのは、動画が全て日本語であること。i-smile(アイスマイル)のドラマ動画は、日本語を聞き英語字幕を見るスタイルです。「これなら英語慣れしていなくても抵抗なく始められて、英会話の勉強がやりやすくなる」と目から鱗状態でした。英会話初心者さんにi-smile(アイスマイル)をおすすめしたい!と強く言っていました。

英語に対する抵抗を無くすことが学習継続には重要

英会話初心者さんが最初に挫折しやすいポイントは、英語に慣れるか否かにあると友人は言います。外国語を初めて勉強する時、日本語とは違う、何言ってるかよくわからない言語を聞き続けることが相当なストレスになるのだとか。でも、スクールや教材のほとんどが英語を聞くスタイルなので挫折しやすい人も多いそうです。i-smile(アイスマイル)なら日本語で英語を勉強できるので、挫折しにくく、継続しやすくなるのでは?と考察してくれました。

i-smile(アイスマイル)の発音メソッドがすごい

友人の感動はまだまだ続きます。オンラインレッスンやアウトプットゲームも魅力だったようですが、何より衝撃だったのはABCソング。「これをやってから留学行きたかった」「これは学校の授業で取り入れて欲しいレベルだよ!」と大興奮でした。i-smile(アイスマイル)では「ABCDEFG♪」でおなじみのあの曲を使って発音方法を学ぶのですが、留学経験者ならではの理由で発音メソッドの凄さを語ってくれたんです。

日本人にとって英語の発音は難易度が高い

留学中、彼女は発音が上達しないことが悩みの種だったそう。彼女だけでなく、周りの日本人留学生も発音に悩んでいたのだとか。英語の発音は日本語の発音にないものが多いものの、発音をしっかり学ぶ機会がなかったようなんです。

「学校の先生も発音は下手だったし、きっと英語の発音が苦手な人が多いと思うよ。だけど…発音がうまくできないとネイティブは聞き取れないし、それだけで英語ができない人って判断されがち」と話してくれました。発音がしっかりできているだけでネイティブは「こいつ話せるな」と判断するそう。だから英会話を勉強するなら英会話フレーズと同じくらい発音は練習すべきとのことです。

まとめ

まとめ

本場で英語を学んだ友人だからこそ感じるi-smile(アイスマイル)の良さを紹介しましたが、私にしてみればどれも目から鱗の話ばかりでした。i-smile(アイスマイル)なら、知らないうちに英会話の本質を学べて、最短距離で英語ペラペラになれるはずです。留学経験者も太鼓判を押したi-smile(アイスマイル)、まずは無料講座を受けてその良さを体感してみてください!

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ
カテゴリ「i-smileをやってみた」に関連した記事をご紹介
「i-smileをやってみた」の記事をもっと見る TOPページを見る